緑茶を飲んで糖尿病を改善

緑茶で糖尿病予防

スポンサードリンク

緑茶に入っている成分として、カテキンやカフェインなどは有名ですが、糖尿病の方にとってはインスリンの働きを正常にするという素晴らしい効果が期待できます。

 

一般的にポリフェノールを含むものは、血糖値やコレステロール値を下げるといいますが、緑茶で言うカテキンのことです。

 

独特の苦味成分であるカテキンは、食後上昇しがちな血糖値を下げる働きがあります。

 

そこで、最近はトクホ指定の緑茶やお茶が数多く出ています。

 

これらは,飲むだけで手軽に血糖値をコントロールすることができるペットボトルタイプのものが多いです。

 

自宅で急須で飲むのが大変な方は、こうした血糖値に特化した緑茶やお茶を飲用することで糖尿病の予防ができます。

 

飲み物で言えば、ココアやコーヒーも糖尿病予防に最適とされています。

 

しかし、人によって砂糖やミルクなどを用いなければ飲めない方もいて、そういった方には逆効果になりがちです。

 

緑茶の場合は、そうした余分に摂るものがないため、確実な効果を得ることができます。

 

毎日の水分補給の他に、緑茶の習慣をつけることで、血糖値や血圧を落ち着かせることができます。

 

そうして、日々の習慣から糖尿病予防、緑茶の場合は発症してからも効果的だと言われています。

 

緑茶を毎日飲んで糖尿病の予防をしましょう。

緑茶で糖尿病予防関連ページ

ココアで予防
ココアというと、市販のミルクココアなどは美味しいですが、糖分が多く糖尿病対策にはなりません。
コーヒーで予防
糖尿病の予防としてのコーヒーは大歓迎ですが、発症後はあまり積極的な摂取でひどくなってしまうことがありますから注意が必要です。
牛乳で予防
牛乳は消化吸収をゆっくりとした形で行うことができ糖分の吸収を遅らせたりするのは、胃と小腸に粘膜を作ります。

 
糖尿病で痩せる原因 糖尿病の原因 糖尿病の症状 糖尿病と食事 糖尿病で喉が渇く原因