牛乳を飲んで糖尿病予防を改善

牛乳で糖尿病予防

スポンサードリンク

◯◯は糖尿病に良いと言う食べ物の中で、牛乳があります。

 

これは賛否両論ありますが、とりあえずコップに一杯程度の毎日の牛乳は、体に良く糖尿病予防にもつながります。

 

糖尿病予防と言えば、血糖値の上がり方が穏やかにできることです。

 

人間は食事後は、必ず血糖値は上がります。

 

これがないと、体内に食べ物を入れた価値もないのですが、その時ゆっくりと上がり下がりの折れ線グラフになるのが良いのです。

 

この時に牛乳を飲んでいると、乳糖の分解に時間がかかります。

 

できれば食事と一緒に摂ることで、食事全体の消化吸収をゆっくりとした形で行うことができ糖分の吸収を遅らせたりするのは、胃と小腸に粘膜を作ります。

 

よくお酒を飲む前に牛乳を飲むと酔わないと言われていますが、牛乳の乳糖が壁の役割をするからなのです。
それが、糖尿病の原因の糖分にも通用することになります。

 

簡単ことですが、日本人の食事では和食の方が多いかもしれません。

 

白米の前後に牛乳と言うのは、まるで学校給食のような感じもしますが、どんな献立にも必ず200ミリリットルの牛乳を飲む学校給食は、糖尿病予防になっていると言えるかもしれません。

 

最近は子供の糖尿病も多くなっていると言われていますからも効果的と言えば効果的ですが、子供の場合はカルシウム補給に欠かせない栄養素です。

 

牛乳を毎日飲んで糖尿病予防をしましょう。

牛乳で糖尿病予防関連ページ

ココアで予防
ココアというと、市販のミルクココアなどは美味しいですが、糖分が多く糖尿病対策にはなりません。
コーヒーで予防
糖尿病の予防としてのコーヒーは大歓迎ですが、発症後はあまり積極的な摂取でひどくなってしまうことがありますから注意が必要です。
緑茶で予防
自宅で急須で飲むのが大変な方は、血糖値に特化した緑茶やお茶を飲用することで糖尿病の予防ができます。

 
糖尿病で痩せる原因 糖尿病の原因 糖尿病の症状 糖尿病と食事 糖尿病で喉が渇く原因