糖尿病で痩せた時の対処法

糖尿病で痩せた時の対処法

スポンサードリンク

糖尿病とは、本来体内で使われるブドウ糖を受け入れられない病気です。
食べたもののブドウ糖はすべて尿になってでてしまいます。

 

糖尿病とは、本来体内で使われるブドウ糖を受け入れられない病気です。

 

食べたもののブドウ糖はすべて尿になってでてしまいます。ですから、痩せるのです。

 

食べても太らない。

 

これは理想ですが、糖尿病の場合は大変なことなのです。

 

糖尿病の診断を受けて太っている方は、まだブドウ糖の吸収がでてきいる証拠です。

 

痩せてしまう前に喉が乾きます。

 

これも異常といえる乾きですが、これはブドウ糖を排出する時に水分を多く必要とするからです。

 

ですから、糖尿病は喉が乾く、これが初期症状の一つです。

食べても太らない

その次に痩せるです。
ブドウ糖が吸収されないことで、脂肪や筋肉からエネルギーを得ます。

 

以前食べたブドウ糖は尿から排出が続きます。

 

そして、だんだんと痩せていくのですが、その痩せ方としては、どう見ても病的です。

・糖尿病で痩せ始めたときに

この時に、すでに体内では必要なエネルギーは蓄えていたものを消費しています。

 

ということは、必要なビタミンやミネラルも排出され続けていて、倦怠感や疲労感もあり、ダイエットではなく、病的な痩せ方となっています。

 

そこで、必要なことは、医師の診断を受けます。

 

ここで、たいてい薬ではなく、徹底した食事管理と運動をするように言われます。

 

薬が出るようでしたら末期というべきもので、自分の力で治して行くことが大切です。

 

かなり重症とされる方でも、きちんと食べて運動をすることが改善されるようです。

糖尿病で痩せた時の対処法関連ページ

糖尿病で痩せた時の対策
糖尿病は運動と糖を減らした食事、そして、重症になった時のインスリン注射などです。
糖尿病で痩せなくするには
いわゆる糖尿病のための薬の処方や合併症の疑いがない場合、食事と運動の指導が主な治療です。

 
糖尿病で痩せる原因 糖尿病の原因 糖尿病の症状 糖尿病と食事 糖尿病で喉が渇く原因